工作入門者による工作入門者の為のブログです。3Dプリンターと電子工作で遊ぶぞ!

せしろの工作

JGAurora A3「Marlin1.1.6」カスタムファームウェアをインストール!(2)

2018/06/12
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは せしろです。

今回はいよいよMarlin 1.1.6 for JGAuroraA3の書き込みを行っていきます。うまくいくと良いのですが・・・。まあ前回の記事でデフォルトのファームウェアを書き込んでいるので、ダメでもともと特攻あるのみです。

スポンサーリンク

 

Marlin 1.1.6 の設定ファイルを確認しよう

まずはMarlin1.1.6をArduino IDEで開き、中の設定ファイルを確認してみたいと思います。

(1) ダウンロードした「Marlin-aurora.zip」を解凍し、任意の場所に保存します。

(2) Arduino IDEを起動し、「Marlin-aurora → Marlin → Marlin.ino」を開きます。

(3) タブが上にいっぱい並んでいますのでその中から「Configuration.h」というタブを開きます。

 

この「Configuration.h」の中に各種設定が書いてあります。「Marlin for the JGAuroraA3」を公開してくれた方は、ここを書き換えています。https://github.com/CactusCoders/Marlin/commit/e09b9cfd4ac85509384ad398b80c759018248c8e

 

この中でも気になった部分を自分で書き換えてみたいと思います。

 

(1) 127行目  「+#define CUSTOM_MACHINE_NAME Sam-I-Am

これですが、本体液晶に「Mendel ready.」って表示されてますが、それはここが「Mendel」になっているからです。

このまま書き込みすると「Sam-I-Am ready」となってしまい、私的にはいまいちです。

ということで「JGAuroraA3」に変更しました。

 「+#define CUSTOM_MACHINE_NAME JGAuroraA3

とりあえずここだけ変更しました。

 

あとこのMarlin1.1.6なんですが、5種類のオートベッドレベリングが出来るようです。

その中の一つを設定して使用するのですが、この「Marlin-aurora」は「Mesh Bed Leveling(メッシュベッドレベリング)」の設定がすでにされているみたいです。

 

このメッシュベッドレベリングなんですが、こちらを読んでみると、

 

(1)  このメッシュベースのレベリングは平滑ではないプラットフォームを補うために作られた。

 

(2) オートベッドレベリングの様に自動でプローブしない(センサーは使わない)。自動でポイントに持っていくがLCDのエンコーダーでプラットフォームとの距離を調整する。必要なのは紙や隙間ゲージだけ

 

(3) 自動的にグリッドポイントに移動。LCDのエンコーダーでノズルを下げていく。適切な位置で止め次のポイントに移る際にEEPROMにポジションデータが保存される。各ポジションのデータは、Bilinear補完されZ位置が補正される。

 

・・・なるほど。

 

?バイリニア補完ってなんだ?だれか分かりやすく教えてください・・・。

ゆがみのあるベッドでも補正(補完)されるって理解でよいのかな?

 

まあいいや。書き込んでみよう。

 

Marlin1.1.6 for JGAurora A3を書き込む

(1) Arduino IDE でコンパイルをします。左上のチェックマークをクリックし、しばらく待ちましょう。

しばらく待つとコンパイルが完了します。

スポンサーリンク

 

(2) マイコンボードに書き込みます。左上の矢印マークをクリックするとコンパイルと書き込みが始まります。

 

しばらく待ちましょう。結構時間がかかります。

 

すると・・・

 

できました!

 

しっかり「JGAuroraA3」の名が出ています。メニューにも「Bed Leveling」が追加されています。

 

なんかあっさりと出来てしまいましたが、これもひとえに先人たちのおかげです。

本当にありがとうございます。

 

さあ調整するぞ!

 

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© せしろの工作 , 2017 All Rights Reserved.