工作入門者による工作入門者の為のブログです。3Dプリンターと電子工作で遊ぶぞ!

せしろの工作

Curaがバージョンアップ「Cura3.2.1」になりました

2018/06/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは せしろです。

スライサーソフトCuraが「Cura3.2.1」にバージョンアップしました。常に最新版を使っていくと明言していますのでインストールしない訳にはいきません

スポンサーリンク

早速ダウンロードとインストールしてみる

ダウンロードはこちらから

ダウンロードしたアプリケーションを起動すると、古いバージョンのCuraはアンインストールされました。

アンインストールが完了すると、「Cura3.2」のインストールウィザードが起動します。

とりあえず何も変更を加えずポチポチ進めていきます。

 

インストールが完了し、Curaが起動します。

パッと見特に大きく変わった様な感じはしませんね。設定も引き継いでいますのでそのまま使えそうです。

スポンサーリンク

どんな変更があったのだろうか?

リリースノートを確認してみます。

大きく分けて3つの変更があります。気になる部分だけを抜粋していきます。詳細を知りたい方はリリースノートを確認してみてください。

1.バグフィックス

特筆すべきことはなさそうですね。いくつかのバグの修正です。

2.新しい印刷機能

・ツリーサポート:実験的な機能のようです。オブジェクトに対し木のようなサポートをつけることが可能になるようです。印刷時間が短くなる可能性がありますが、スライス時間は増えるみたいですね。

・アダプティブレイヤ:オブジェクトの表面角度に適応する可変レイヤー厚さで印刷するとありますが意味が理解できません・・・。高品質な表面仕上げとなるようです。

3.UIの機能強化

・高速起動:プリンタを追加するときにプリンタ定義がロードされるようになり、起動時に使用可能なすべてのプリンタをロードする代わりになるようです。起動が早くなったのかな?

・レイヤビューでの背面の間引き:モデル全体をレンダリングするのではなく、レイヤービューでモデルの表面をレンダリングするだけで、フレームレートが2倍になったようです。レイヤービューでの処理が軽くなったという理解で良いでしょう。

・マルチビルドプレート:1つのセッションで共有設定を使用して別個のビルドプレートを作成する実験的な機能。オブジェクト毎にビルドプレートを変えることが出来るってことでしょうか?

・メッシュタイプの選択:左ツールバーの [新規作成] ボタンをクリックして、モデル設定ごとに編集し、サポートを配置する場所をユーザーにより詳細に制御します。オブジェクトは、「サポートとして印刷」、「他のモデルと重複しないサポート」、「他のモデルとのオーバーラップの設定を変更する」、または「他のモデルのインフィルの設定を変更する」のドロップダウンリストを指定することで、メッシュとして使用できます。

・クイックカメラコントロール:より正確に投影できるようになったようです。

・サイドバーの更新:アプリケーションフレームワークは、速度を向上し、より良い幅とスタイルのフィット感を達成するために更新され、ユーザーは、オペレーティングシステムのテーマではなく、有効な Ultimaker クーラテーマに合わせてスタイルされているドロップダウンメニューを提供します。

・サイドバーの非表示:表示/展開/折りたたみサイドバー、またはホットキー CMD + e (Mac) または CTRL + e (PC と Linux) で非表示/表示することができます。

 

とまあこんなところでしょうか。

私の使い方の範囲では関係するところはあまりなさそうです。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© せしろの工作 , 2018 All Rights Reserved.