工作入門者による工作入門者の為のブログです。3Dプリンターと電子工作で遊ぶぞ!

せしろの工作

「JGAurora A3S」を購入!組立からテスト印刷まで

2018/06/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは せしろです。

以前ご紹介した「JGAuroraA3S」なんですが、何を思ったか購入してしまいました・・・。

もちろん嫁には怒られました。(最終的には理解してくれました。よくできた嫁です。)

JGAuroraA3はAmazonで購入したんですが、今回は中国通販の「Banggood.com」で購入しました。セールで大体4万円くらいですかね。

 

スポンサーリンク

 

開梱してみる

段ボールのつぶれや破れがあり心配でしたが、中は大丈夫そうです。

今回は検品表は入っていませんでした。まあ前回より格段に部品点数が少ないのであまり心配はしていませんが・・・。

で、こちらが部品全てです。今回は250gのPLAフィラメントがセットでついてきました。

 

小さな段ボールの中身もこれだけです。

前回は、ねじがたくさん入っていましたが「9本」だけです。今回はUSBメモリーが同梱されています。

このUSBメモリーの中にマニュアルやソフトウェアが入っています。

 

マニュアルを読まずに組み立てる!

これだけ部品点数が少ないと組立間違いのしようもありません!

ということでマニュアルを読まずに組み立てます。

本体の組立

1.Y軸ユニットとX、Z軸ユニットを組付けます。M4のキャップボルト4本で。

 

2.スプールホルダーを取り付けます。M3のキャップボルト3本で。

以上。

簡単すぎます・・・。Y軸ユニットの裏側にスリットが入っており、そこにX,Z軸ユニットを差し込んでからキャップボルトで固定するだけです。

M4とM3のキャップボルトは1本ずつ予備が同梱されています。

 

配線

コネクタ3つを差し込みます。

以上。

全てピン数が違いますので間違いようがありません。

あとは、ACアダプターを接続するだけです。ちなみに配線についてはマニュアルに記載はありません。無くても分かるから記載がないのでしょうか?

 

※このACアダプターですが、海外からの購入時は電源側のケーブルに注意してください。私は注文時に間違えたようで、「EUタイプ」のコンセントが来ました・・・。つい最近壊れたレーザープリンターのケーブルがあったので、その電源ケーブルを使用することで事なきを得ました。

 

マニュアルを読まなくても簡単に組み立てられます。

 

外観をよくみてみる

液晶パネル

JGAuroraA3Sは 2.8インチのフルカラータッチパネルの液晶を使用しています。

タッチの反応も特に違和感ないですね。文字だけでなく絵で表示されますので、マニュアルを見なくてもなんとなく分かります。

細かい紹介はまた別の機会にしようと思います。

 

プラットフォーム

今回私が一番気になっているのがこのプラットフォームです。アルミヒートベッド+ガラスベッドという私のA3と同じ構成ですが、このガラスベッドの表面はちょいと加工がしてあります。

写真で分かるようにガラスベッド表面に黒いメッシュが印刷されています。この加工がどのような加工なのかは分かりませんが、この凹凸で接地面積を増やし、一層目をより定着させようという狙いだと思います。拡大したのが次の写真です。

スポンサーリンク

この加工が良い結果になってくれると良いのですが・・・。印刷するのが楽しみです。

 

フィラメントフィーダー

JGAuroraA3Sはエクストルーダ部分にフィーダがなく、本体フレームにフィーダがあります。その為エクストルーダはとてもコンパクトになっています。

フィラメントをノズルに送ってくれるだけでなく、フィラメントの有無を検出するセンサーがついています。

フィラメントをこのフィーダーに差し込む際に「カチッ」と音がしますので、マイクロスイッチでフィラメントの有無を判断しているのでしょう。

印刷最中にフィラメントがなくなると印刷は自動的に停止します。

また、印刷の再開機能のありますので安心です。この辺りは別の機会にご紹介します。

 

あとは大きな変更点はありませんので割愛します。

 

テスト印刷をしてみる

とりあえずはPLAで「3DBency」を印刷してみようと思います。

Curaの設定は「JGAuroraA3」と同じでいきます。

1.ベッドレベリング

JGAuroraA3Sのレベリングはマニュアルベッドレベリングと呼ばれるものとなります。これは、ノズルがポイントに自動的に移動しますが、ノズルとプラットフォーム間の調整はベッドのネジで行います。したがって、測定という概念はありません。このレベリングはあくまでポイントに自動的に移動するのみであとは手動で調整してねっていうレベリングとなります。私のA3とは違うレベリング方法ですね。(私のA3はカスタムファームウェアを入れてあるのでメッシュベッドレベリングというレベリング方法になっています。)

2.フィラメント送り

フィラメントの供給もタッチパネルでの操作となります。youtubeにマニュアルと同じ動画がありましたので見て頂ければどのようにするかが分かると思います。

3.テスト印刷

USBメモリーにA3の設定のままの「3DBency」G-codeをコピーしてそのまま印刷してみました。

 

とりあえずは順調に印刷しています。プラットフォームのへの食いつきも良さそうです。

印刷前にプラットフォームにしたことは、アセトンで脱脂したくらいです。

印刷位置が若干ずれているいるので、Curaの原点位置の設定の変更と、かなり糸引きとだれている部分がありますので、温度の設定は見直さないとダメそうですね。

あとは印刷中の音が少し気になります。印刷中の移動速度や加速度、ジャークの設定を見直してみようと思います。

造形物は、プラットフォームが冷えてからとると簡単にとることが出来ます。熱いうちはしっかりと食いついています。

 

とりあえずは印刷まではできましたので良しとしましょう。私的には満足です。

 

このガラスベッドはなかなか良さそうです。次はABSでテストしてみようと思います。

まあ細かい部分で改善すべき点はありますが、その話は次の機会にしたいと思います。

 

<追記>

コメント欄に質問がありましたので追記します。

このA3Sのガラスベッドですが、A3にそのまま取り付けることはできません。

ヒートベッドのサイズは214mm×214mmで同じなのですが、レベル調整用ねじの取り付け方が違います。

ガラスベッドを切り欠かないと取り付けることはできません。

 

でも、Amazonに同じようなプラットフォームがあります。

Anycubic Ultrabase 3Dプリンタ プラットフォームシート 繰り返し 取りやすい 強化ガラスプレート Prusa i3 MK2 MK3 複合コーティングの材質 214x214mm

今度こちらをA3に取り付けようかと考えています。

 

今回ご紹介した「JGAuroraA3S」はAmazonでも購入できます。

 

JGAuroraA3もまだ売ってますね(2017年12月28日現在)

 

JGAuroraA5もAmazonにあります。(2018年1月18日追記)

 

 

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. se1ji より:

    はじめまして。
    初めての3Dプリンタ購入の参考にさせて頂きました。
    A3SのガラスベッドはA3にそのまま取り付ける事は可能でしょうか?

    • @sesiro より:

      se1jiさんはじめまして。
      せしろです。コメントを頂きましてありがとうございます。
      A3Sのガラスベッドですが、残念ながらA3に取り付けることはできません。
      A3SとA3のベッドサイズは同じなんですが、A3はレベル調整用のネジがヒートベッドを
      貫通しています。A3Sは貫通していないのですよ・・・。
      同等と思われるガラスベッドがAmazon.jpにありますので、私は今度そちらを
      A3に取り付けようと思っています。参考になれば幸いです。

      • se1ji より:

        ご返答頂きありがとうございます。
        ヒートベットごと、移植できないでしょうか?ビス間の間隔が合えば、配線は切って繋ぎ直せばなんとかなりそうですが…

        • @sesiro より:

          se1jiさん
          こんにちはせしろです。
          確かにおっしゃる通りヒートベッドごとであれば換装できそうですね。
          但し、次のことは検討しなければならないと思います。
          1.ヒートベッドの調整用ネジ間の間隔がA3の方が2mmほど広い。(スライドベッドの追加工が必要か?)
          2.A3Sのヒートベッドの調整用ネジが長い(もしかしたらA3の本体フレームに干渉するかも)
          3.サーミスタ仕様が不明(ファームウェアでの設定が必要、PIDのパラメータも検討する必要あり)
          4.ヒーター容量が適合するか?
          パッと思いつくのはこの辺でしょうか。

  2. Fuu より:

    初めまして。つい先日私もA3Sを購入し組立、テストプリントを完遂した者です。購入前、本記事を参考にさせていただき感謝感激です。本機は2台目で、1台目はCEL社のRoboxという機種を使用しています。

    このRoboxはソフトウェア面が非常に充実していたため初めての事が幾つかあり戸惑っております。その一つとして「PCから印刷データ転送→プリンタ単独での印刷完遂(転送後はPC不要)」ということを行いたいのですが…A3SにはSDカードが搭載されていないのかそれが実現できないでいます…

    A3Sの底面(タッチパネルの直下辺り)の端子からSDカードスロットを増設できたらなぁ…とか、A3S本体の設定からUSB又はSDカードの選択ができるので実現出来そうなのですが…

    情報交換できると嬉しいなぁと自分本位ですがコメントさせていただきました。

    • @sesiro より:

      Fuuさん
      はじめましてせしろです。
      「PCから印刷データ転送→プリンタ単独での印刷完遂(転送後はPC不要)」この機能は便利そうですね。私もチャレンジしてみたいと思います。
      さて、SDカードスロットですがA3Sを分解して確認したわけではないのですが、Youtubeにこんな動画がありました。

      この動画の1:46くらいにタッチパネルの背面が映っているのですが、そこにSDカードスロットらしきものがあります。このスロットがうまく使えれば何とかなりそうですね。もし実現出来たら情報を頂けたら幸いです。

  3. sbin より:

    刺激されてA5買ってしまいました。大陸から直です。中々上手く書けません。

    原因は定着不足です。
    普段はデルタ使っていましたが、この時スティック糊使ってました。
    記事にもちらっと書いてありますか゛、新しい素材のベッドでも有効なんでしょうか?

    • @sesiro より:

      sbinさん
      はじめましてせしろです。
      このベッドにもスティックのりは有効です。
      でも、造形物を剥がすのにとても苦労します。

  4. […] 発売が去年の年末、らしく、あまりレビューは無いのだが、こちらの記事などを見て対応可能であると判断した。また、A3Sの前機種A3についてのブログも参考になる様だ。Curaの設定等については、どんどんアップデートされてるようなので、良く見ないといけないかもしれない。 […]

  5. sougetuOte より:

    初めまして、こちらの記事を参考にA3Sを購入しました。
    初めての3Dプリンタで何を買うか悩んでいましたが、A3Sで良かったです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© せしろの工作 , 2017 All Rights Reserved.